YU-Create-Lab for Business 企業向けの優クリ-Lab

2018.07.18

【海外事例】制を回避するために取った「ミャンマービール」のユニークな広告戦略とは?

【海外事例】制を回避するために取った「ミャンマービール」のユニークな広告戦略とは?

敬虔(けいけん)な仏教国ミャンマーでは従来から酒類の広告に規制を課してきましたが、政府はこの方針を強化しました。しかし、ミャンマーでビールの国内シェア90%以上を占める「ミャンマービールブリュワリー(以下ミャンマービール)」は規制をきっちりと守りながらも、高い効果をあげる”広告戦略”を展開し成功へ導きました。そのユニークな広告手法の秘密に迫ります。

仏教が禁ずる飲酒を政府も規制

仏教は日本でも比較的馴染みがある宗教のひとつですが、日本では戒律に対しあまり意識がないかもしれません。しかしタイやミャンマーのような仏教国では、基本戒律のひとつに「禁酒」があるため、飲酒をあまりよいことと捉えていません。
また、これらの国々でも温度感が違い、酒類が買える時間帯を限定するといった措置をとっているタイに比べると、ミャンマーは酒類への規制はあまり厳しくありません。これは長く鎖国に近い軍事政権が続いていたため、社会全体の保守傾向が強く、規制しなくとも飲酒する人がそれほど多くなかったという背景があります。

ところがミャンマーも民主化が進み、飲酒がきっかけとなった犯罪も増加。2015年10月には政府がメディアの責任者を呼び出して”酒類の広告中止”を要請するなど、規制強化に手をつけ始めました。規制強化とはいっても、「酒の図像を使った広告禁止」などといった具体的なガイドラインを明文化したわけではなく、常識の範囲で規制してほしいと各メディアに注意を出した形です。

規制というよりは注意勧告に近い中途半端なものですが、ミャンマーではよくあることで、実際にこの時期よりミャンマーでは酒類の屋外看板からお酒の姿が消えました。

下の写真が、規制強化後のミャンマービールの屋外看板です。


看板のビルマ文字は、上段が”タヤーピュー”という食料品店の店名で、下段は”サイン”、ビルマ語で「ショップ」を意味します。

日本人がこれを見ても、ビールの広告とはおわかりにならないでしょう。これが「ミャンマービール」がとっている、いわば「カラーイメージ広告」とでもいうべき戦略なのです。
ロゴもビールの絵も何もなくグリーン地に流線の模様があるだけ。日本ではまずあり得ない、この広告がミャンマーで成功した3つの要因について解説します。

 

ミャンマーでは看板も課税対象

まず1つ目の要因として、ミャンマーの特殊ともいえる税制「看板税」があるということです。自分の店であっても、看板の大きさや出す場所に応じて相応の税金がかかってくるのです。

資金力のある大手企業や大規模店舗は自社のロゴをあしらった大きな看板広告を掲げますが、小さな商店や飲食店にとっては看板税はそれなりに負担です。
そこでミャンマーでは、店が扱ういずれかの商品メーカーが看板にかかる費用を負担するのが一般的になっているのです。それによって店側は看板税を払わずにすみ、企業側といえば路面の看板広告よりも安い金額で高い効果を得られるので、双方”ウィンウィン”の関係ともいえるでしょう。


上記写真の場合は、向かって左が「化粧品ニベア」、右は「コカコーラ」の広告ですが、お店は各々雑貨店と食料品店です。ビルマ語で書かれている文字が店名ですが、実質的には両企業の広告といえます。

ちなみに、下記の写真は規制が強化される前に設置されていた看板。
この頃は、ドット模様で濃淡をつけたグリーンにミャンマービールの「ロゴ」と「写真」をあしらっており、いかにも酒の看板広告というものでした。

 

アルコールは販売許可制

2つ目は、酒類販売の”許可証取得”の難しさ。アルコールを取り扱うには許可証を取らねばなりません。さらに許可証の種類は非常に細かくわかれており、ウィスキーとビールの両方を扱いたければ別々に必要となってきますし、ビールでも”生”と”瓶”では種類が異なるのです。

新たにライセンスを取得するには困難を極めるため、新規開店する際は、既に許可証を持っている人から権利を買うのが一般的です。しかし、民主化で外資系飲食店の進出が加速してからはライセンスが”高騰”し、100万円近くでやり取りすることもあるほどです。

このような状況下のため飲酒できる店は限定されており、看板広告だけでその店がどの酒を取り扱っているかわかること、というのが集客に直結してくるのです。規制後、筆者もビールが飲みたい時は大通りを車で走らせながら沿道にグリーン地で赤い流線がある看板を探します。

 

ミャンマービールの圧倒的優位性とイメージ強化

3つ目は、ミャンマーでは流通しているビールの種類が限定されていることがあります。
飲食店が提供する瓶ビールや生ビールの場合、かなりマイナーなものも合わせて10種類ほどしかありません。しかし、それは逆に各銘柄が他社と区別する”自社のシンボルカラー”を作りやすいということがあげられ、さらに国内シェア90%以上のミャンマービールにとっては有利に働く状況となったのです。

そして、ミャンマービールの宣伝戦略の巧みさは、シンボルカラーに合わせて視覚的に残りやすい特徴的な赤い流線模様を置いたこと、看板以外の広告媒体もすべてこのデザインを共通に用いるようにしたことです。規制強化以降はこのデザインに統一し、ロゴや写真がなくなってもミャンマービールをイメージさせることに成功したのです。

同社以外の酒造メーカーが出しているビールに”ダゴンビール”があります。ここもミャンマービールと同じグリーンを使っており、そこへライオンマークのロゴを入れるのが定番でした。
しかし、ミャンマービールと異なり、ロゴなどを入れない限りダゴンビールの特徴を出すのが困難になってしまいました。

 

流動的な規制の運用にも対応可能

ビールの図像どころか「ビール」という文字や会社のロゴさえもないにもかかわらず、ミャンマービールをイメージさせる広告普及に成功した「ミャンマービール」ですが、ここ1年ほどで”ロゴのみ”をあしらった看板に切り替えてきています。

というのも、ミャンマーではよくあることなのですが、新しい規制が入るとまずは遵守し、同業他社の動向や当局の顔色を見ながら徐々にやり方を緩めていくのです。酒類の広告規制に関しても、当初はきっちり対応したものの、ここにきて少しずつ露出を増やしてきていると推測できます。

こちらはミャンマービールでワンランク上のブランドである”プレミアム”の雑誌広告です。プレミアムのイメージカラーであるゴールドにロゴを置き、さらにビールのシルエットを入れています。
現時点の限界とも言えるぎりぎりまで規制に踏み込んだ広告となっています。

 

今後、酒類の広告規制が再び強化される可能性は多分にあります。しかし、ミャンマービールが展開しているような、シンプルなシンボルカラーと特徴的な流線デザインのみで広告を統一しておけば、その時の状況に合わせ、ロゴやビールの図像を入れたり、または省いたりと臨機応変に対応できる上にメーカーとしてのイメージを損なうこともありません。
広告規制がある国や、規制の運用が流動的な国では非常に有効なやり方といえそうです。

Recommend この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

経営者はもちろん、労働者も知っておきたい! 「専門業務型裁量労働制」を使いこなす重要ポイント

2019.04.17

経営者はもちろん、労働者も知っておきたい! 「専門業務型裁量労働制」を使いこなす重要ポイント

■「専門業務型裁量労働制」はどのような制度?労働者に、大幅に業務遂行の手段や方法・時間配分などの裁量にゆだねる必要がある業務で、実際にその業務に就いた場合、労使で定めた時間分働いたとみなす制度のことです。「厚生労働省令」および「厚生労...

【働き方改革関連法 第4回】「フレックスタイム制の見直し」が、デザイナーをもっと働きやすくする!?

2019.03.18

【働き方改革関連法 第4回】「フレックスタイム制の見直し」が、デザイナーをもっと働きやすくする!?

■そもそも「フレックスタイム制」ってどんな制度?フレックスタイム制は「1日の労働時間を固定的に定めず、労働者自身が始業時間と終業時間を原則として自由に決めること」ができる制度です。1987年の労働基準法改正により導入されました。一般的...

「副業・兼業」解禁でクリエイティブ業界はどう動く!? 経営者が押さえておくべきポイントを解説!!

2019.02.22

「副業・兼業」解禁でクリエイティブ業界はどう動く!? 経営者が押さえておくべきポイントを解説!!

■副業・兼業の定義とは?「副業」とは、「本業を主体とし、本業よりも低い労力で行う仕事」のことを意味しています。つまり、言葉の意味としても「2つの仕事を比べた場合、本業に重点がおかれているために副業は労力の比重が低い」という意味合いを含...

【働き方改革関連法 第3回】 有給休暇の「取得義務化」に制作会社はどう対応すべき?

2019.01.13

【働き方改革関連法 第3回】 有給休暇の「取得義務化」に制作会社はどう対応すべき?

■法改正における具体的な内容とは?「労働基準法」では、雇用日から6カ月が経過した週5日働いている労働者に対して、年10日の有給休暇を付与することが義務づけられています。この日数は1年経過するごとに1~2日ずつ増えていき、6年6カ月以上...

【働き方改革関連法】第2回:「残業規制」の導入でクリエイターの働き方はどう変わる?

2018.12.07

【働き方改革関連法】第2回:「残業規制」の導入でクリエイターの働き方はどう変わる?

■そもそも時間外労働の上限規制とは?まずは、今回の規制で具体的にどのような規制が導入されるのか解説します。実はこれまでも時間外労働については、労働基準法で「原則月45時間、年間360時間」までと定められていました。しかし、「特別の事情...

【働き方改革関連法】第1回:ついに2019年4月施行!! そもそも「働き方改革関連法」とは?

2018.11.05

【働き方改革関連法】第1回:ついに2019年4月施行!! そもそも「働き方改革関連法」とは?

■「働き方改革」が目指すものとは戦後日本の高度経済成長を支えてきたのは、朝から晩までガムシャラに働き続ける「モーレツ社員」の存在でしたが、近年では過労死の問題なども増え、長時間労働に対する批判が高まっています。また、子育てや介護との両...