YU-Create-Lab for Business 企業向けの優クリ-Lab

2019.08.28

【高度デザイン人材とは?】今、日本の産業界で求められている「デザイン力」

【高度デザイン人材とは?】今、日本の産業界で求められている「デザイン力」

2018年5月、経済産業省と特許庁が「デザイン経営」宣言を公表し、マスコミでも話題となりました。中でも注目されているのが「高度デザイン人材」の育成と活用です。
「ものづくり大国」と呼ばれてきた日本が、AIやIoTなど情報通信技術の躍進による第4次産業革命の荒波をどう乗り越えていくのか。そのために必要とされる人材やスキルとは? 今回、政府の提言をもとに考えて行こうと思います。

新たなビジネスモデルの基盤となる「デザイン」の力

第4次産業革命や新興国の労働力の高度化などにより、「ものづくり大国日本」の優位性が脅かされつつあります。また、巷にはさまざまな商品があふれ、ユーザーのニーズはどんどん多様化・深層化しています。

このような状況下で必要とされるのは、単に高度な技術を有するだけではなく、ユーザーの真のニーズを見極め、それを的確に商品やサービスなどの形にしていく「クリエイティブ力」です。

そこで、経済産業省と特許庁は2017年7月、デザイナーや経営コンサルタント、学者などを集めた「産業競争力とデザインを考える研究会」を立ち上げました。そして、計11回に及ぶ議論を重ね、その報告書として今回公表されたのが「デザイン経営」宣言です。
 


 

「デザイン経営」とは何か?

この報告書によれば、デザインとは「企業が大切にしている価値、それを実現しようとする意志を表現する営みである」と定義されています。
単に外見的なスマートさや美しさを追求するだけでなく、その製品を通じて、企業の価値や意志を一貫したメッセージとして顧客に伝えていくことで、ブランド価値を生み出す。それこそが「デザインの力」だというわけです。

さらに、「デザインは、人々が気づかないニーズを掘り起こし、事業にしていく営みでもある」と述べています。顧客や市場をよく観察し、潜在的なニーズを見つけ、その欲求を満たす新たな事業を作り出していく。つまり高度なデザインは、イノベーションを実現する力にもなるのです。

このようなデザインを活用した経営手法が「デザイン経営」です。
その効果について、報告書では以下のようにまとめています。

デザイン経営の効果=ブランド力向上+イノベーション力向上=企業競争力の向上

実際、欧米ではデザインへの投資を行っている企業が、より高いパフォーマンスを上げているという研究結果も報告されています。


 

「デザイン経営」において求められる人材とは

こうした状況の中で今、求められているのが「高度デザイン人材」
「産業競争力とデザインを考える研究会」の前身である「第4次産業革命クリエイティブ研究会」は、デザインを以下のように定義しています。
 


出典:経済産業省(第4次産業革命クリエイティブ研究会による「デザイン」の定義)

一般的に、日本で「デザイン」のイメージというと個々の製品のスタイルや意匠など、外見的なものを指すことが多いのですが、上記図のように、それはあくまで「狭義のデザイン」の枠に入ります。そのため、これだけをいくら追求しても、多様化した社会のニーズには対応できません。

ここで意味する「デザイン」はもっと広い視点での、製品やサービス全体の設計を考えていくという「広義のデザイン」にあたります。

さらに最近では、たとえば「Uber」のように既存の技術を組み合わせ、新たな価値を生み出すというビジネスモデルも注目されています。
このように製品やサービス提供、プロセス全体を設計することが「発展的なデザイン」で、この大枠までの能力を有する者が「高度デザイン人材」と呼ばれるのです。

 

幅広い視点とビジネス思考を備えたクリエイターを目指そう

こうしたことを踏まえ、「デザイン経営」宣言では今後の取り組みとして「企業・大学等において、事業課題を創造的に解決できる人材(高度デザイン人材)の育成を推進する」ことを掲げています。

具体的には、

1. 企業において「ビジネス系・テクノロジー系人材」がデザイン思考を、「デザイン系人材」がビジネス・テクノロジー思考を身につけるための研修などを実施する

2. 専門領域の異なる人材同士が創造的に課題を解決するプロジェクトやワークショップなどを導入する

3. ビジネス系・テクノロジー系大学においては、デザイン思考のカリキュラムや芸術系大学との連携プロジェクトなどを実施する

4. 芸術系大学においては、ビジネスおよびテクノロジーの基礎を身につけるカリキュラムやデザイナーとしての実践的能力を身につけるための産学連携プロジェクトなどを実施する

という提言が出されています。
つまり、これからの時代は「ビジネス思考」と「デザイン思考」の両面を兼ね備えた人材が求められているといえます。

 

まとめ

有形・無形、モノ・コト。あるいは、体験・経験。
「デザイン」の領域は、本当はとても広い範囲に渡ります。

「デザイナー」や「クリエイター」といえば、芸術的センスに長けた専門職、もっと抽象的に言えば「絵が描ける人」というイメージが、社会一般からあったのも事実です。
しかしながら、それは表に出ている狭義のデザインに限定した見方であり、実際はもっと広義のデザイン、あるいは発展的なデザイン思考でクリエイティブに携わっていたデザイナー・クリエイターはきっと多かったと思います。

どの様なものを、どの様な人に、どの様な方法で。
これはクリエイターの本質です。

そういう意味では、クリエイターが「再評価」されたとも言えるかもしれません。
そして、クリエイターに期待されていることが、より明確に、かつ高度な期待になったとも言えるでしょう。

Recommend この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

人事必読!! 採用時に頭に入れておきたい「求人票」と「労働条件通知書」の相違の注意点

2019.09.10

人事必読!! 採用時に頭に入れておきたい「求人票」と「労働条件通知書」の相違の注意点

■「職業安定法」と改正の背景とは?もともと「職業安定法」とは、国民の労働権利(労働する活動)を保障するために定められた法律です。「職安法」とも呼ばれ、労働者の募集・就業指導・職業紹介・労働者供給などについて規定されています。東京労働局...

10年後には2倍の市場規模に?! デジタルサイネージの未来は?

2018.09.13

10年後には2倍の市場規模に?! デジタルサイネージの未来は?

■変わりゆくデジタルサイネージまずは、こちらの動画をご覧ください。ボウリングを終えた男女がスナックを楽しもうとスクリーン前に立つと、センサーが顔画像を認識。年齢や性別を判断し、より好まれそうな商品をオススメ。さらに、その場で自撮りした...

【2018年問題】「無期転換ルール」がはじまります!対応の準備はできていますか?

2017.12.04

【2018年問題】「無期転換ルール」がはじまります!対応の準備はできていますか?

■無期転換ルールについて有期契約労働者の無期労働契約への転換、「無期転換ルール」について、まず簡単に説明します。これは、2013年4月1日以降に締結した有期労働契約が5年を超えて更新された場合、有期契約労働者からの申し込みがあった場合...

【クリエイター採用】「人材紹介」と「人材派遣」分かりやすい使い分け

2016.09.14

【クリエイター採用】「人材紹介」と「人材派遣」分かりやすい使い分け

■人材紹介とは人材紹介とは、企業が希望する人材の条件に合った候補者を、人材会社が紹介してくれる採用支援サービスのことです。そのサービスは、厚生労働省から許認可を受けた民間企業(人材紹介会社)が請け負っています。よく電車などの広告で「転...

『中途採用』vs『新卒』デザイナー採用におけるメリット・デメリットは?

2016.08.10

『中途採用』vs『新卒』デザイナー採用におけるメリット・デメリットは?

【1】経験者(即戦力人材)を採用する場合■メリットクリエイティブの実務経験者を採用する場合のメリットは、なんといっても即戦力になること。一連のクリエイティブの作業の流れを知っていれば教育における時間も人件費もさほどかかりません。デザイ...

デザイナー・クリエイター採用で『派遣』を活用するメリットって何?

2016.07.27

デザイナー・クリエイター採用で『派遣』を活用するメリットって何?

【1】即戦力人材をスピーディーに確保できるデザイナーやクリエイターは、いわゆる「専門職」です。営業職や事務職などに比べるとマーケットにいる人材の数は少ないですし、経験豊富な人材やニッチなスキルを持っている人材を求めると、当然採用難易度...