YU-Create-Lab for Web Creator Webクリエイター・Webデザイナー向けの優クリ-Lab

2018.05.11

【現役Webディレクターの本音シリーズ】Webライターで生きていくためのSNS活用術

【現役Webディレクターの本音シリーズ】Webライターで生きていくためのSNS活用術

Webディレクター・Webライターとして活動している筆者は、Webライターを生業にしていきたいという人や、稼げるWebライターになりたいのだけど、どうすればいいか、という相談をよく受けます。そこで今回は、Webディレクターの視点から、これからWebライターになろうと思っている人、もっと稼げるWebライターになりたい人のためのひとつの手段として、SNS活用術について紹介していきます。

SNSをセルフブランディングに使おう

筆者に「Webライターになりたい」と相談に来る人には、まず「SNSは何を使っていますか?もし利用したことがないなら、アカウントをとってください」と言っています。

SNSには、様々なものがありますが、最低限、筆者がWebライターとしてアカウントをもつ必要があると考えているのが、facebook、twitter、インスタグラムです。

ポイントは、「Webライターとして」という点です。

Webライターになりたい人や、すでにWebライターとして仕事をしている人の中にも、上記にあげた3つを個人の趣味として利用している人も多いでしょう。でも、それでは「Webライターとして活用できている」ということにはなりません。
WebライターとしてのSNS活用法のひとつが、セルフブランディングのツールとしての利用です。

ご存じの方も多いと思いますが、「ブランディング」とは、企業が売りたい商品に価値を生み出すため構築するイメージ戦略です。そして「セルフブランディング」とは、それを「個人が」自分を「商品」に見立て、価値を生み出すためのイメージを構築することです。

たとえば、「知的に見られたい」と思うなら、知的に見せるためには何をしたらいいのかを考え、見た目や言動を変えていくということ。何に興味を持ち、物事に対して、どういう視点を持っているかも重要です。
 

セルフブランディングとSNS

Webライターとして、どういう立ち位置で仕事をしていきたいか、それを定めた上で、それをアピールできる場として、SNSの利用していきましょう。
そして、そこに投稿するのは、セルフブランディングに合致するものに限定しましょう。

たとえば、人に与えたいイメージのひとつに「締め切りを必ず守るライター」を設定した場合、「今日も寝坊しちゃった」「インフルエンザにかかって療養中です」などという投稿は、セルフブランディングから乖離(かいり)していると言えます。

実際「SNSを活用してください」と言われると、とにかく何かを発信しなければSNSを活用していることにはならないと勘違いして、考えなしに日常をそのまま発信してしまう人も多いものです。
しかし、もしこれを「原稿を依頼する発注者が読んだらどう思うだろうか」ということは、常に考える必要があります。

「Webライター」がSNSを活用すべきもっとも大きな理由は、「発注の判断材料に使ってもらう」ためです。
つまり「自分が(価値のある)Webライターである」ということの発信です。

Webライターを自称するにも関わらず、SNSをやっていないという人は、発注者側からすると「Webに興味がない」、「意欲がない」という認識をもちやすく、発注自体も躊躇するという実態があります。ですから、SNSのアカウントを持っている、利用しているということは最低条件になります。
ですが、その発信内容に、「共感」や「仕事を発注する上での安心」が欠けている場合は残念ながら、活用できていない、といえるでしょう。ここは十分に留意してほしいポイントです。


 

SNSを情報収集に使おう

SNSはセルフブランディングだけでなく、「最新のトレンド」を知る最も有効なツールでもあります。

日々変化があるもの・・・例えば「政治や経済」、またはシーズンによって変化するような「ファッションやビューティ関連」などを活かすことも、常にユーザーのリアルに合致した記事を求められるWebライターとして必須のスキルです。

SNSで発信される情報には、信ぴょう性に欠けるものも少なくありません。当然、さらなる深堀りをして利用に値するかの判断も必要になります。
その上で、自分の得意分野をWebライターとしての強みにしている人であればあるほど、その分野における最新の話題をいち早く知ることで、石玉混交の中から選り分けていくことができるはずです。

またSNSで広くシェアされたり、リツイートされているものが「何であるか」を知ることも、ユーザーへの訴求力の強い記事執筆に役立ちます。


Web記事には鮮度が重要です。常にフレッシュな内容で、かつ共感性の高い記事を執筆するWebライターさんは信頼されます。ぜひ「SNSを活用」して、さらなる活躍を目指してください。

Recommend この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【後編】現役Webコーダーが気を付けているコーディングのコツと基本

2018.08.31

【後編】現役Webコーダーが気を付けているコーディングのコツと基本

■”HTML”を記述する際に頭に入れておきたいことコーディングする際にHTMLで気をつけておきたいことは主に3つあります。1. HTMLのバージョンに合った文法を書くこと。2. 内部SEOを意識して、”...

【前編】現役Webコーダーが気を付けているコーディングのコツと基本

2018.08.17

【前編】現役Webコーダーが気を付けているコーディングのコツと基本

■下準備として必須なコーディング環境はどうしている?Webコーダーがコーディングの際に使用している環境は主に2つあります。1. Adobe Dreamweaver2. Webサイトのローカル環境構築のためのMAMP(Mac)やXAMPP(W...

【あるある話】Webディレクターの必須スキルはコミュ力!クライアントと制作スタッフとの上手な付き合い方

2018.07.27

【あるある話】Webディレクターの必須スキルはコミュ力!クライアントと制作スタッフとの上手な付き合い方

〈Case1〉システムのクセがすごい「制作スタッフといちばん揉めるのが、他社が作ったシステムの改修業務。 “他人がつくったサイトなんて直したくない”っていうプライドというか、そういう気持ち? を持っているコーダー...

【Webライター】Webメディアを担う大手クラウドソーソングの裏側

2018.06.22

【Webライター】Webメディアを担う大手クラウドソーソングの裏側

■クラウトソーシング会社を利用したライティングの受発注Webに関わる仕事をしている人にとっては、常識となっていますが、クラウドソーシングとは、ネット上のやりとりで仕事の受発注をするしくみです。それを仲介しているのがクラウドソーシング会...

「主婦ライターチーム」が台頭するWeb業界から見る「フリーランス」の働き方

2017.12.27

「主婦ライターチーム」が台頭するWeb業界から見る「フリーランス」の働き方

■台頭する「主婦ライターチーム」とはWebメディア業界の中で、「主婦ライターチーム」が少しずつ目立つようになってきました。もともと紙媒体で編集やライティングの仕事をしていた人や、結婚を期に退職したWeb業界出身の人などがトップとなり、...

WELQ問題で変わった?Webメディアの現状

2017.11.17

WELQ問題で変わった?Webメディアの現状

■WELQ問題から1年……DeNAのキュレーションメディアプラットフォーム「DeNA Palette」の医療・ヘルスケア情報のキュレーションメディア「WELQ(ウェルク)」が端を発し、キュレーションメディアの...