YU-Create-Lab for Web Creator Webクリエイター・Webデザイナー向けの優クリ-Lab

2018.11.08

ググるだけじゃない!Chromeの「便利な拡張機能」〈前編:Webデザイナー編〉

ググるだけじゃない!Chromeの「便利な拡張機能」〈前編:Webデザイナー編〉

インターネットをする時、ブラウザは何を使っていますか?一昔前までは、Microsoftが出しているエクスプローラー(通称IE)を利用している人が多かったのではないでしょうか。しかし、今ではシェア率が変わりGoogleが提供している「Chrome」の方が上位になっています。Chromeには「拡張機能」があり、実はWeb系の仕事に役立つ機能も含まれています。前編の今回は、Webデザインをするのに便利な機能をご紹介します。

Chromeの拡張機能とは?

そもそも、Chromeを多くの人が使うようになったのはこの拡張機能、つまりブラウザ上で使える様々な便利機能があるからといっても過言ではありません。しかもこれには、一般的に使う以外にも、WebデザイナーやWebディレクターに役に立つ機能がたくさんあります。

ただ、この拡張機能は数が多く、実際にどれを使うと良いのか迷うという方も多いかと思います。今回はWebデザインの中でも効率よく使えるものをピックアップしました。
 

拡張機能を利用しよう

Chromeの拡張機能とは、Googleが提供しているブラウザのカスタマイズのようなもので、アプリなどをパソコンにインストールをする必要もなく簡単に利用することができます。

「Chromeウェブストア」を開き、検索窓で入れたい拡張機能を検索。「Chromeに追加」を押し、確認画面で再度「追加」をクリックするだけで、Chromeのツールバーにアイコンとして表示され使えます。






 

デザインを参考にするときに役立つ「Page Ruler」


まずはじめに紹介するのは「Page Ruler」です。

文字通り定規の役割をしてくれるもので、Webページ内にあるバナーや画像などの高さと幅を測ることができる拡張機能です。
他社サイトを参考にして打ち合わせをした時や、サイトのレイアウトや比率を考える時などに役立ちます。また、参考サイトのバナーサイズ、画像の大きさなどをすぐに知ることができるので、いろいろなサイズのバナーを作らなければならない時も時間短縮につながります。
 

気に入ったRGBやHEX値を取得してパレットに保存「Colorzilla」


こちらはWebサイトに表示されている色のカラーコードを取得できる機能です。

サイトなどで使いたい色を見つけた場合、通常は自分でカラーコードを調整したり調べたりして作ることになりますが、微妙に色合いが違ってしまうことがあります。しかしこちらの機能を使うとそれもなく、使いたい色にカーソルを合わせればその色のカラーコードが表示されるという便利な機能です。

さらに「Colorzilla」では取得した色を使ってグラデーションを作ったり、作ったものをCSSのコードにすることもできます。
いろいろなサイトを見ていて「この色いいな」と思うものがあれば簡単に「Colorzilla」へ保存できるので迷わずやっておきましょう。サイト作成の際にカラーイメージを考えるのにも役立ちます。
 

配色が気になる場合は「Palette Creator」


続いてこちらもカラーにまつわる便利機能「Palette for Chrome」です。こちらは、Webサイト上の画像から配色パターンを取得してくれる拡張機能です。

サイトデザインではクライアントのイメージはもちろん、そのサイトの見やすさ、見る人に与えるイメージを考えながら配色を施す必要があります。イメージに近い写真を見つけた時や好きな写真などの全体的な配色を知るために役立つ拡張機能です。
 

レスポンシブデザインに必須「Responsive Web Design Tester」


最後に紹介するのは「レスポンシブデザイン」をする時に非常に役に立つ「Responsive Web Design Tester」です。

こちらはデザイナーだけではなく、サイトを確認するWebディレクターもよく使う機能で、Webブラウザに写っているサイトを簡単にレスポンシブデザインに変えることができます。
これを使えば、サイトのレイアウトや様々なデバイスで異なる画面サイズに合わせて確認できるので、ブラウザ画面のサイトイメージとの違いや構成を考えるなど、レスポンシブデザインの際には「必須」のツールです。ぜひ機能として入れておきましょう。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介した機能は本当にごく一部のもので、それ以外にもChromeにはいろいろな拡張機能があります。時間がある時に探しカスタマイズするのもよいでしょう。自分専用にカスタマイズされたものを使うのはちょっとした特別感もあり、仕事が楽しくなるかもしれません。

前編では、Webデザイナー向けにご紹介しましたが、後編ではWebディレクターが使うと便利な機能を紹介していきたいと思います。

Recommend この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

2020.02.19

【ワークスペース】シェアオフィスのメリットとデメリットは?

■「シェアオフィス」とはどんなもの?一般的にオフィス(事務所)は仕事をする空間・スペースですが、賃貸契約のオフィスもあれば、丸ごと購入するオフィスもあります。その場合において、従業員とお客様のみが利用できるという意味で「専有オフィス」...

【キャリアアップ】Webデザイナーが持つべきプラスのスキルとは?

2020.02.04

【キャリアアップ】Webデザイナーが持つべきプラスのスキルとは?

■Webデザイナーを取り巻く現状と『キャリアアップ・チェンジ』現在もWebサイトは日々増え、さらに人手不足の昨今、Webデザイナーとしての仕事がすぐになくなることはないでしょう。しかし同時に求めるスキルも上がり、ただきれいなサイトを作...

【ワイヤーフレーム】Webディレクターがワイヤーフレーム作成で必ず押さえたいポイント!

2019.11.15

【ワイヤーフレーム】Webディレクターがワイヤーフレーム作成で必ず押さえたいポイント!

■ワイヤーフレームの目的は「デザインではない」 ワイヤーフレームを作る時に誰しもが1度は陥ってしまうと思われるのが『デザインを考え始めてしまい、ワイヤーフレーム作成が進まない』ということ。ワイヤーフレームを作る目的として、サイト制作に必...

【ブックマーク必須!!】Web制作で使いたい『お役立ちサイト』

2019.10.30

【ブックマーク必須!!】Web制作で使いたい『お役立ちサイト』

■ダミー画像作成をするなら『placehold.jp』「フレームワーク」ができて「モックアップ」用のダミー画像をいれる時、どのような方法をとっているでしょうか。ちなみに「モックアップ」は、ページの骨組みであるワイヤーフレームの後、それ...

【コーディングチェック】Web制作で納品前に使えるコーディングの便利ツール!

2019.10.01

【コーディングチェック】Web制作で納品前に使えるコーディングの便利ツール!

■「HTML・CSS」を同時にチェック「Dirty Markup」は、「HTML・CSS」を併せてチェックできるツール。とてもモダンで見やすく、使い勝手のよいオンラインチェックツールです。特徴は何といっても、汚いコード部分をキレイに整形...

【資格】フリーランスWebクリエイターが資格取得するメリット~後編~

2019.09.13

【資格】フリーランスWebクリエイターが資格取得するメリット~後編~

■前編はこちら【資格】フリーランスのWebクリエイターが資格取得するメリット~前編~■資格取得前にキャリアアップの形成計画フリーランスが「資格取得」を最大限に有効活用する上で、まずやらなければならないことがキャリアアップやフリーランス...