YU-Create-Lab for Web Creator Webクリエイター・Webデザイナー向けの優クリ-Lab

2016.10.17

フリーデザイナーがこっそり教える『本当に使える無料写真素材サイト』5選

フリーデザイナーがこっそり教える『本当に使える無料写真素材サイト』5選

国内、国外問わず、最近では商用可能な無料写真素材サイトのクオリティがどんどん上がっています。例えば日本なら、「ぱくたそ」や「写真素材 足成」、「写真AC」などなど、「本当に無料でいいの?」と勘ぐっってしまうほど良質な写真素材が、日々提供されています。特に、「ぱくたそ」で配布されている写真を見ない日はないと言っても過言ではないほど、今やインターネット上に溢れていますよね。便利な時代になりました。
そんなわけで今回は、仕事でも使えそうな無料写真素材サイトをいくつかご紹介していきます。

※冒頭でご案内したサイト
ぱくたそ https://www.pakutaso.com/
写真素材 足成 http://www.ashinari.com/
写真AC http://www.photo-ac.com/

Skuawk

201610171653_1-300x0.png
http://skuawk.com/
フォトストックサイトの「Skuawk」は、無料写真素材サイトの中でも、ひときわ美しい写真をパブリックドメインにて公開しています

使用感としては、カテゴリー別にしっかりと整理されているため、目的の写真が探しやすく好感がもてます。高解像度なのも嬉しいところ。大きめの印刷物を制作する際や、背景すべてを画像で表示するようなデザインをする際に重宝しそうです。

少々難点を挙げるならば、あまりに写真がお洒落過ぎるので、加工がしにくい点でしょうか。これは他の海外ストックフォトサイトにも多く共通しています。
 

Unsplash

201610171653_2-300x0.png
https://unsplash.com/
「Unsplash」もまた、数万点にも及ぶ著作権フリーの写真素材を無料で使用することが可能です。

「Unsplash」の一番の特徴と言えば、コレクション機能でしょう。単純に好みの写真をまとめられるだけでなく、他人がキュレーションしたコレクションを参照することも可能です。「水」に関する写真を集めたものだったり、「都会的なもの」を集めたものだったりと、さまざまなコレクションが存在しており、見ているだけでクリエイティビディを刺激されます。

難点は、これまた写真がお洒落すぎることと、慣れないうちはお目当ての写真に辿り着きにくいところでしょうか。しかし、左上の検索窓に単語を放り込んであげれば意外となんとかなります。臆せず検索してみましょう。
 

Foodshot

201610171653_3-300x0.png
 http://foodshot.co/
「何かに特化している」無料写真素材サイトの中で一際異彩を放っているのが、飲食物に特化した「Foodshot」です。
こちらも、もちろん商用利用可能、クレジット表記なども無用で、いざという時の心強い味方として、デザイナーを助けてくれます。
写真のクオリティもまさに逸品。定番の真上からのショットや、背景をボケさせた横からのショット、レイアウトモノやパターンのようなものまで、多岐に渡ります。シズル感もしっかり出ている写真が多く、見ているだけで胃袋を刺激されてしまいます。

難点を挙げるとすれば、やはり海外サイトですので、和食の写真が少ない点くらいでしょうか。また、検索機能があまり便利ではありませんので、時折覗いて気に入った写真をストックしておいたり、RSSフィードに登録しておくと良いでしょう。
 

StockSnap

201610171653_4-300x0.png
https://stocksnap.io/
「海外サイトはどうにも検索がし辛い…解りにくい」とお悩みの場合には、検索のし易さに特化した「StockSnap」はいかがでしょうか。なにせ、トップページにドカンと検索窓が配置されており、その下部には「Business」や「Nature」など、よく検索される語句がタグで並んでいます。
また、日付、ビュー数、ダウンロード数、お気に入り数などでソートできるのも嬉しいところ。痒いところに手が届く設計になっています。

こちらも難点を挙げるとすれば、上で紹介しているサイトより、若干写真のクオリティが劣る(同程度のものももちろんあります)点でしょうか。しかし、案件によってはこのくらいのクオリティが丁度よい場合も多々ありますので、状況に合わせて利用すれば、大したデメリットではありません。
 

FindA.Photo

201610171653_5-300x0.png
http://finda.photo/
「無料 写真素材」や、「photo free」などで検索してみると、膨大な数の無料写真素材サイトが出てきますので、「どれを選んだら解らない」という方も多いでしょう。そんな方には、厳選された無料写真素材サイトのなかから、横断的に著作権フリーの写真を検索できる「FindA.Photo」をおすすめいたします。
今回ご紹介した中だと、「Unsplash」も「FindA.Photo」で検索可能です。

「FindA.Photo」で特徴的なのは、何と言っても「色」で写真を絞り込むことができることでしょう。トップページの検索窓の下、「BROWSE BY COLOR」より、お好みの色をクリックすれば、紐付けられた写真が一覧で表示されます。メインカラーやアクセントカラーに合わせて写真を選びたいときなど、大変重宝するのではないでしょうか。

難点は特に見当たりませんが、その便利さ、写真の多さゆえ、逆に選びにくいこともあるかもしれません。また、参照するサイトのライセンスが変わってしまった場合には、すぐ対応してくれるか? という疑問は少々残ります。面倒でも写真を使用する際には、ダウンロード元を訪れて、商用の可否を確認した方がよいでしょう。
 

常に規約の確認を。無料だからこそ、提供者にリスペクトを

以上、5つの無料写真素材サイトをご紹介させていただきました。予算がないときや、仕事で使えそうな写真をストックしておくなど、様々なシーンで役立つことかと思います。

ただ一点、「商用可」と表記されていても、それがWebなのか、紙媒体なのか、広告なのかによって、可否が変更になる場合もありますし、サイトの方針が変わってCC0以外の素材を置くことだってあるかもしれません。
※CC0とは、科学者や教育関係者、アーティスト、その他の著作権保護コンテンツの作者・所有者が、著作権による利益を放棄し、作品を完全にパブリック・ドメインに置くことを可能にするもの

いざという時に問題が起こらないよう、サービスを利用する際は、規約を読み込み、変更が無いか? どのような用途でも使えるか? などなど、その都度確認すると、間違いがありません。

無料で提供されている写真も、写真家、サービスを提供するサイト問わず、裏では多大な労力がかかっているものです。それゆえ、しっかりとしたライセンスに関する知識を持っておくことは利用者の義務です。仕事で使うなら尚更ですよね。こんなに美しくて、高解像度でな写真を無料で提供してくれる方々に感謝の気持ちを込めながら、ルールを守って、便利に、楽しく、使いましょう

Recommend この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【Adobe XD活用】Webディレクターに使ってほしい分かりやすいイメージ共有法 ~前編~

2019.08.30

【Adobe XD活用】Webディレクターに使ってほしい分かりやすいイメージ共有法 ~前編~

■Webディレクターの仕事効率アップ!! 覚えて損はない『Adobe XD』現在、Webディレクターをやっている方でもし「Adobe XD」を知らないなら、是非、この機会に覚えておくとよいでしょう。Adobe XDを使いこなせるだけで、作り...

【最新トレンド】現役デザイナー選出する2019年Webデザイントレンド

2019.08.23

【最新トレンド】現役デザイナー選出する2019年Webデザイントレンド

■ユーザーの視線を引きつける『太さと大きさを備えたタイポグラフィ』『太字で大きく表示されるタイポグラフィ』は、昨年ごろからジワジワと流行の兆しを見せはじめています。最も伝えたい・見せたいテキストを大きなサイズで配置することで、ユーザー...

【業務効率化】Webディレクター必見のGoogle検索新機能!

2019.08.15

【業務効率化】Webディレクター必見のGoogle検索新機能!

■Googleの新機能「アクティビティカード」とは?「アクティビティカード」とは、ユーザーが検索した過去のトピックスに再度アクセスしやすいように、一連の検索履歴をまとめて参照できる機能です。例えば、「旅行・ハワイ・シュノーケリング」と...

【新デジタル技術】海外で体験できるアナログとデジタルの融合!

2019.08.09

【新デジタル技術】海外で体験できるアナログとデジタルの融合!

■〈アメリカ〉“Lumin AR Tour” デトロイト美術館Copyright © 2018 Detroit Institute of Arts. All rights reserved デトロイト美術館で昨年1月より開始。...

【タスク管理】便利アプリ「Trello」でディレクションが劇的に変わる!?

2019.07.19

【タスク管理】便利アプリ「Trello」でディレクションが劇的に変わる!?

■「Trello」とはどんなツール? Trelloの特徴はタスク一つひとつを付箋に書き込み、それをカードとして登録、ボードに貼って管理していくということです。そして、付箋を貼り作業が進めば、次に貼っていくというように、ステータスの変化も...

【世界のデジタル・マーケティング事情】2019年の最新トレンド「パーソナライゼーション」とは?

2019.06.28

【世界のデジタル・マーケティング事情】2019年の最新トレンド「パーソナライゼーション」とは?

■デジタル・マーケティングおける「パーソナライゼーション」の重要性マーケティングにおける「パーソナライゼーション」とは、顧客それぞれに合わせたコンテンツやプロダクト、Eメールなどを提供することです。購入履歴や顧客動向、クリック履歴のデ...