YU-Create-Lab for Web Creator Webクリエイター・Webデザイナー向けの優クリ-Lab

2016.10.24

第3回【編集ライター】経験者が戸惑うWeb媒体のギャランティと締め切りの違い~紙媒体出身者がWeb媒体で注意すること~

第3回【編集ライター】経験者が戸惑うWeb媒体のギャランティと締め切りの違い~紙媒体出身者がWeb媒体で注意すること~

紙媒体出身の編集・ライターがWeb媒体の仕事に携わる際に注意すべきポイント。第3回の今回は、フリーランスの方であれば、皆が気になる「ギャランティ」についてと、「締め切り」の違いについて開設します。

なお、2016年11月24日、12月14日、この連載をテーマとしてセミナーを実施します。文章で読むだけでなく、実際に解説・説明を聞きたい!という方、ぜひご参加ください。
11月24日 ~Web媒体で生かせるキャリア、使えないキャリア~
12月14日 ~Web媒体で 活躍するために知っておくべきこと~

Web媒体における1記事の単価

スマホ端末の普及により、Web記事のフォーマットは、読みやすさの観点からジャンルを問わずほぼ画一化されてきました。キュレーション、インタビュー、取材ものから占いまで、文章がメインとなる記事は、どれもタイトルと本文内の見出し、そして本文に関連画像が配置されるという構造です。

そして、1記事の文章量も、おおよそ決まっています。一般的には1000文字から2000文字ほど。文字数が少ないとSEO的に不足であり、また、文字量が多すぎると、ユーザーが「読み飽きる」要因になるからです。タイトルなどに、総文字数を記載、可視化して、記事を検索したユーザーの「読むハードル」を下げている媒体もあるくらいです。

では、その単価はいくらでしょう。

現在の相場感としては、著名な作家やコラムニスト、ネット有名人や専門家が特別な記事を書く場合を除くと、500円から25,000円といったところでしょうか。
相場というのにはおこがましいほど幅がありますが、これが現状です。自身のSNSへの流入を目的に、他媒体に記名記事を無償で提供している方もいます。無償で記事を書いてくれるライターさんもいる。そういった概念があるため、Web媒体からの記事依頼は安価な場合が少なくありません。

紙媒体でライターの仕事をしながらWeb媒体に寄稿している人は、「Web媒体の単価が安すぎて驚く」「どうしてその価格で記事が制作できると思えるのだろうかと疑問すら沸く」といった声も聞こえます。

同様に、紙媒体の編集者からWeb媒体編集者になったばかりの人からは、「この価格で記事を書いてくださる方がいること自体が信じられない」「記事クオリティは担保したいが、紙媒体出身のライターさんには安価すぎてお願いしにくい」と愚痴ともつかない言葉をよく耳にします。

紙媒体の編集者、ライター経験者にとって、いちばん戸惑うのが、Web媒体の「記事単価の相場」かもしれません
 

紙媒体経験者だからこそ、自分ならではの「Web記事執筆の取り組み方」を持とう

この連載の第1回で、プロのWebライターは少数、と書かせていただきました。その中には、低価格でWeb記事を書きながら自身の執筆スキルを高めている方も多くいらっしゃいます。この方々と、紙媒体経験者の「書ける」ライターさんは、戦いにくい状況でした。しかし、「二足のわらじ」でライターさんをされている方々のスキルアップを受け、最近の傾向として、PV数によってインセンティブの支払いをするキュレーション系のWeb媒体が増えてきています。良質なライターさんの確保のためです。

これは、連載の第2回で書かせていただいたことですが、現状では、Web記事の質の指針はPVです。PVが多ければその分の原稿料が上がるというのは、ある意味健全なことだといえます。
キュレーション系サイトの原稿は収入的に見合わないのでは…というように思っていた「書ける」ライターさんにも、挑戦しがいのある環境ができつつあることを、まずは心にとめてみてください。
 

受注するときに指針にすべきこと

Web媒体で仕事をする際、気持ちよく仕事をするためにもっともよい方法は、時給換算することです。

原稿を書くためには、まず、単純に「キーボードに文字を打ち込む」時間がとられます。そして、原稿を書くための事前のリサーチ、構成づくり、校閲、納品までがWebライターの仕事です。全体として、どのくらい時間がかかるのか。それを時給換算すると、いくらになるのか。そして、それは納得できる価格なのか。

もちろん、実際に仕事を受けてみないと、どれくらいのレベルの原稿を各媒体が求めているのか、そのクオリティ判断は難しいかもしれません。仕事をしたい媒体をみつけたら、おためしのつもりで、書いてみることをお勧めします。意外と編集者とのやりとりに時間がとられたり、終わったと思った仕事の修正依頼が「至急」で戻ってきたりする場合が少なくないのもWeb媒体の“あるある”です。
 

締め切りのあいまいさに臨機応変に対応する

書籍でも雑誌でも、紙媒体には、「発売日が絶対に動かせないもの」として存在します。Web媒体では、それが比較的流動的。
また、Web媒体の場合、原稿をとりまとめる人が、「Web編集者」ではなく「公開作業担当者」ということも多々あります。そして、1日に数十の記事を公開させているWeb媒体ではとくに、記事を受け取ったものの、作業のタイミングで原稿をはじめて確認するということも。そのため、上で書いたとおり“終わったと思った仕事の修正依頼が「至急」で戻ってきたり”するのです。

紙媒体では「入稿」という作業工程があり、このタイミングで仕事完了を実感できますが、Web媒体の場合、仕事完了は、記事が公開された日ともいえます。その点も、紙媒体とはしくみが違います。知識として持っていると、気持ちにさざ波が立つことも避けられるでしょう。
 

セミナー開催します

本連載を執筆されている簗場(やなば)久美子氏を講師にお迎えし、紙媒体からWeb媒体にチャレンジする際のポイントを解説します。
今回は、11月と12月に、それぞれのテーマで開催。セミナー後には、希望者を対象に、優クリエイトOS事業のサービス面談会+業務委託案件のご紹介も実施します。

【11/24(木)】 
【お仕事直結】紙媒体からWeb媒体へ~編集者、ライター経験者がWeb業界で生きる道vol.1 ~Web媒体で生かせるキャリア、使えないキャリア~

【12/14(水)】
【お仕事直結】紙媒体からWeb媒体へ~編集者、ライター経験者がWeb業界で生きる道vol.2 ~Web媒体で活躍するために知っておくべきこと~

場所:優クリエイトセミナールーム
    渋谷区円山町28-3 いちご渋谷道玄坂ビル4F

定員:各回30名

料金:各回1500円
    ※優クリ登録済みの方は各回1000円
    ※2回とも参加される方は、2回目料金が500円
    ※登録割引と2回参加割引は重複しません。どちらかの割引をお選びください。
    (2回とも参加された場合、どちらも合計3000円のところ2000円で参加可能です)

Recommend この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

2020.02.19

【ワークスペース】シェアオフィスのメリットとデメリットは?

■「シェアオフィス」とはどんなもの?一般的にオフィス(事務所)は仕事をする空間・スペースですが、賃貸契約のオフィスもあれば、丸ごと購入するオフィスもあります。その場合において、従業員とお客様のみが利用できるという意味で「専有オフィス」...

【キャリアアップ】Webデザイナーが持つべきプラスのスキルとは?

2020.02.04

【キャリアアップ】Webデザイナーが持つべきプラスのスキルとは?

■Webデザイナーを取り巻く現状と『キャリアアップ・チェンジ』現在もWebサイトは日々増え、さらに人手不足の昨今、Webデザイナーとしての仕事がすぐになくなることはないでしょう。しかし同時に求めるスキルも上がり、ただきれいなサイトを作...

【ワイヤーフレーム】Webディレクターがワイヤーフレーム作成で必ず押さえたいポイント!

2019.11.15

【ワイヤーフレーム】Webディレクターがワイヤーフレーム作成で必ず押さえたいポイント!

■ワイヤーフレームの目的は「デザインではない」 ワイヤーフレームを作る時に誰しもが1度は陥ってしまうと思われるのが『デザインを考え始めてしまい、ワイヤーフレーム作成が進まない』ということ。ワイヤーフレームを作る目的として、サイト制作に必...

【ブックマーク必須!!】Web制作で使いたい『お役立ちサイト』

2019.10.30

【ブックマーク必須!!】Web制作で使いたい『お役立ちサイト』

■ダミー画像作成をするなら『placehold.jp』「フレームワーク」ができて「モックアップ」用のダミー画像をいれる時、どのような方法をとっているでしょうか。ちなみに「モックアップ」は、ページの骨組みであるワイヤーフレームの後、それ...

【コーディングチェック】Web制作で納品前に使えるコーディングの便利ツール!

2019.10.01

【コーディングチェック】Web制作で納品前に使えるコーディングの便利ツール!

■「HTML・CSS」を同時にチェック「Dirty Markup」は、「HTML・CSS」を併せてチェックできるツール。とてもモダンで見やすく、使い勝手のよいオンラインチェックツールです。特徴は何といっても、汚いコード部分をキレイに整形...

【資格】フリーランスWebクリエイターが資格取得するメリット~後編~

2019.09.13

【資格】フリーランスWebクリエイターが資格取得するメリット~後編~

■前編はこちら【資格】フリーランスのWebクリエイターが資格取得するメリット~前編~■資格取得前にキャリアアップの形成計画フリーランスが「資格取得」を最大限に有効活用する上で、まずやらなければならないことがキャリアアップやフリーランス...