YU-Create-Lab for Web Creator Webクリエイター・Webデザイナー向けの優クリ-Lab

2017.09.28

新米ディレクター必見!オウンドメディアを「優秀な営業マン」にするためのPDCAサイクル

新米ディレクター必見!オウンドメディアを「優秀な営業マン」にするためのPDCAサイクル

Webディレクターの役目には、プロジェクト全体の進行管理や品質のチェック、制作スタッフをまとめるなどがあります。それ以外にも、制作が終わったWebサイトについて「いいWebサイト」になっているか、「効果が出ているWebサイト」になっているかを日々確認し運用していく仕事があります。そこで役立つのが「Webディレクターが取り組むべきPDCAサイクル」です。
制作会社のWebディレクターとしてオウンドメディアの制作・運用に携わる筆者が、いいWebサイトにするためのポイントを経験に基づきお伝えします。特に新米ディレクターの方は必見です!

徹底したPDCAサイクル

「いいWebサイトとはどういうことなのか?」

私は、Webサイトというのは「優秀な営業マン」であるべきだと思っています。
つまり、お客様を見つけて、会社に利益をもたらしてくれるWebサイトが「いいWebサイト」なのです。
ダメなWebサイトは、当然その逆になります。居るだけでコストが掛かり、会社に利益をもたらすこともしません。

そこで、Webディレクターの腕の見せ所となるのが「いいWebサイト」=「優秀な営業マン」にいかに育てていくか、なのです。

もちろん、全てのWebサイトが初めから「優秀な営業マン」ではありません。そこで「優秀な営業マン」にしていくために、「WebサイトならではのPDCAサイクル」というものが必要になります。
Webサイトが完成した後も、構築や運用の見直しをするべく、Plan(計画)Do(実行)Check(評価)Act(改善)のプロセスを繰り返し行い、「優秀な営業マン」に育てていきます。

実際に私が行っている構築・運用でのPDCAサイクルを少しご紹介します。

【Plan】
・Webサイトの設計
・新しいコンテンツや既存コンテンツの再設計などを常に行っています。
・SEO対策の観点やユーザー目線の設計が大切になります。

【Do】
・コンテンツの制作
・設計で決めたコンテンツを制作したり、新しい運用を行ったりします。

【Check】
・Webサイト、コンテンツの評価
・アクセス解析や他社サイトとの比較を行います。

【Act】
・Webサイト、コンテンツの改善
・コンテンツの改善案や問題の抽出などを行います。

以上のようなサイクルを繰り返し行い、Webサイトを「優秀な営業マン」にしていきます。
 

AIDMAからAISASという考え方

マーケティングの世界には、「AIDMA(アイドマ)の法則」と言うものがあります。
これは、「Attention(注意)→Interest(関心)→Desire(欲求)→Memory(記憶)→Action(行動)」という消費者が商品を購入するまでの5つの心理的プロセスを表したものです。

この考えに対して、ネットが普及している今では、「AISAS」という考えに変わってきています。
「Attention(注意)→Interest(関心)→Search(検索)→Action(行動)→Share(情報共有)」とういうプロセスは、関心を持てばネットで検索を行い、購入後にはSNSなどで情報共有を行うというものです。

つまり、Search(検索)の時にWebサイトが表示されないとユーザーからのアクションが何も無いことになってしまいますので、ユーザーがどのように検索を行うのかというSEO対策が非常に重要になっており、PDCAサイクルの時にも必ず考える必要があります。


クライアントとの共有

「優秀な営業マン」を育て上げるには、Webディレクターだけの力では無理です。

オウンドメディアにおいて、そのWebサイトのことは作ったWebディレクターが一番知っているかもしれませんが、実際にお客様(エンドユーザー)の声やお仕事の内容を一番理解しているのはクライアントです。
Webディレクターの本業はあくまでWebサイトを作ることです。クライアントのお仕事まで100%理解するのはやはり難しいことです。

なので、PDCAサイクルの内容や現在のWebサイトの状態は常にクライアントと共有し、Webディレクターとクライアントがお互い分からない部分を補いながら二人三脚で「優秀な営業マン」にして行く必要があります
 

まとめ

以上、いかかでしたでしょうか。

Webサイトは作って終わりではありません。完成した後も、「いいWebサイト」にして行くためには、PDCAサイクルが重要であり、常に改善していく事が大切です。また、その際にどのようなWebサイトにするべきなのかクライアントとともに戦略を立てることが、目標への近道です。

みなさんの担当しているWebサイトが少しでも「優秀な営業マン」になるよう、お役に立てばうれしいです。


筆者/Webライターぴえろ
webディレクター兼webライター。 フットサル、料理、お酒(特にワイン)が趣味。 イタリアンシェフ、バーテンダーの経験を経て、独学で勉強してきたweb業界に転職。現在webディレクターとして活動中。 その他、自身でwebディレクターの為のメディア「webディレクターTalk」を運営、webライターとしても配信中。
http://webdirector-talk.com

Recommend この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Webディレクターってなんだ!? ディレクターがやらなければいけないこと

2017.09.07

Webディレクターってなんだ!? ディレクターがやらなければいけないこと

■Webディレクターの仕事とは?一般的には、プロジェクトの管理、指揮を行い、Webサイトの方向性を決め正しいゴールへと導くのがWebディレクターです。クライアントからの要望に対して、どういうサイトを作れば目的が達成されるのかを企画段階...

第5回【編集ライター】Webライターとキュレーションライターの違い~紙媒体経験者がとまどうWeb業界の仕組み~

2016.12.06

第5回【編集ライター】Webライターとキュレーションライターの違い~紙媒体経験者がとまどうWeb業界の仕組み~

■Web業界を揺るがしたキュレーションサイトの大量閉鎖先日、大型キュレーションサイトを運営していた企業が、同社の運営するすべてのキュレーションサイトを閉鎖、非公開にしました。発端は、その中のひとつである医療情報サイトの掲載内容にありま...

第4回【編集ライター】見出しの付け方と本文の書き方の違い~紙媒体経験者が気付きにくいWeb記事の特徴~

2016.11.08

第4回【編集ライター】見出しの付け方と本文の書き方の違い~紙媒体経験者が気付きにくいWeb記事の特徴~

■「フック」の役目をもつWeb記事の見出しまず、見出し。Web記事の構成は、タイトルの下に「リード」があり、数行空いて、「見出し」、「本文」と続くのが一般的です。そして、本文の中には、1つ以上の中見出しが差し込まれます。この中見出しが...

第3回【編集ライター】経験者が戸惑うWeb媒体のギャランティと締め切りの違い~紙媒体出身者がWeb媒体で注意すること~

2016.10.24

第3回【編集ライター】経験者が戸惑うWeb媒体のギャランティと締め切りの違い~紙媒体出身者がWeb媒体で注意すること~

■Web媒体における1記事の単価スマホ端末の普及により、Web記事のフォーマットは、読みやすさの観点からジャンルを問わずほぼ画一化されてきました。キュレーション、インタビュー、取材ものから占いまで、文章がメインとなる記事は、どれもタイ...

第2回【編集ライター】仕事の受け方・編集とのやりとりの違い~紙媒体出身者がWeb媒体で注意すること~

2016.10.03

第2回【編集ライター】仕事の受け方・編集とのやりとりの違い~紙媒体出身者がWeb媒体で注意すること~

■原稿力より拡散力Webメディアで仕事がしたいとWeb関係者に相談すると、必ずといっていいほど聞かれることがあります。それは「SNSをやっていますか」ということ。「SNSはやっていない、興味はないと言われると、どうしてWebで仕事をし...

第1回【編集ライター】紙媒体出身者がWeb媒体で注意すること~キャリアチェンジの心得~

2016.08.09

第1回【編集ライター】紙媒体出身者がWeb媒体で注意すること~キャリアチェンジの心得~

■Web記事の構成はシンプル紙媒体出身者といっても、そのジャンルは多岐にわたります。今回は、雑誌の編集経験者およびライターに特化して話を進めていきます。編集者、ライターにとって、雑誌とWebの一番の違いは「記事の構成がシンプル」という...